結婚相手の不倫が多い

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができるはずです。

ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、仮面夫婦と化していたり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、あなたの年齢、結婚歴等イロイロな角度から検証して裁判官の決定を待つことになります。

奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでおぞましい戦場になるシーンは、ドラマのシナリオでもお馴染です。

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、傷害や場合によっては殺人さえも起こるという脚本もしばしば書かれます。

情事の現場へ乗り込むのもやり方の1つでしょう。

別れる決心がついている場合は、問題ないかもしれません。

浮気調査を探偵事務所に成功報酬で依頼すれば損はしないと思いがちですが沿うでない場合にも遭遇します。

成功報酬の条件では不成功な結果となった場合、お金を払わなくても済むのでシステムとして依頼者が得するという感じがします。

だから、成功報酬の探偵事務所に特定して、求めているような人がいます。

探偵がおこなう浮気調査でも時には失敗することもあります。

探偵が浮気調査に精とおしているといっても、予期せぬトラブルに見舞われることがありえます。

相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。

加えて、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には尻尾を掴みようがないです。

本人に気づかれないようにして、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠(疑わしきは罰せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)を得るには、必要とされる技術および機材があります。

浮気現場の写真を撮ったとしても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠(疑わしきは罰せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)にならないのは仕方の無いことです。

浮気の調査を探偵に任せると、薄型のカメラなども用いて全く気づかれずに客観的な証拠(疑わしきは罰せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)を撮影してくれます。

浮気の裏付けがSNSで明るみになることもあります。

SNSだと誰の投稿か一見わからないのでついうっかりパートナーが、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事が散見されます。

時には、言い逃れのできない様な浮気の事実を記入している場合もあるのです。

相手のアカウントに気づいているのなら検索してみて頂戴。

浮気調査の費用を節約する方法は、ある程度自分で前もって調査しておきたいものです。

調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。

パートナーの行動を毎日記録するようにすれば立派な調査なのです。

日々のシゴトに出掛ける時間、帰ってくる時間、電話がかかってきたならば、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。

不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士がいいでしょう。

離婚(一度成立した婚姻を解消することです)を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかをまず考えてから相談するといいでしょう。

また、不倫の証拠(疑わしきは罰せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)を掴みたいときには、探偵や興信所に相談しましょう。

相談者が女性のケースでは、近所の奥さんやユウジンに相談してしまう人もおもったより多いですが、噂の対象になりたくないのであれば、どんなことがあっても止めましょう。

車の目たたない場所にGPS端末を設置して、常時、移動の内容を監視しつづけ、現在地を把握したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出してイロイロな分析をすることもできます。

移動手段に、車を使わない人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできるはずです。

こうすることによって、パートナーの行き先やそこで過ごした時間もわかるでしょう。浮気調査 即日調査

GPSがつながるものを使って、行きつけの場所の情報を捜して、その近所をウロウロしていれば、必ず相手はやってくるはずなので、浮気の証拠(疑わしきは罰せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)をつか向ことができると思われます。

費用のご準備が十分ではないときには、GPSで調べるだけでも、方法の一つです。

その機械を付けている事がわかってしまう事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です